cma コミュニティマネジメント協会

24年度事業

トップ > 一時避難用賃貸住宅説明会 >24年度事業 >

被災地連携型 一時避難用賃貸住宅 ができました!

概要

news

詳細は以下ダウンロードボタンから(PDF)をダウンロードしてご覧ください

『箱』(住宅) だけ用意されても移れない !

全国の被災者向に提供されている住宅の現状をみると、受け入れ地域とのつながりがないまま、単線的で短期的な個別支援にとどまり、かつ被災地(被災者) とのつながりもないなど、受け入れ地域の住宅条件と被災者(地)のニーズが合わない状況があります。
詳細ダウンロード→

2 拠点で「今後」を意識した生活総合支援( 就労・子育て等) 付の住まいを提供

避難生活の長期化が懸念されていますが、とくに小さな子どもを持つ世帯等の被災地外での生活再建と就業に困難が伴っているといわれています。同じ状況にある避難世帯をはじめ被災地とのつながりを意識しながら、新たな環境への適応を考慮した就業環境や拠点(居場所) の確保が必要であると考えています。
詳細ダウンロード→

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional